ゲッ…引き落とし口座が残高不足!を解消する「当座貸越」と利用の注意点

金融機関で総合口座通帳を利用している方は多いと思いますが、総合口座の“当座貸越”の機能をご存知でしょうか? 円での定期預金などを担保に、普通預金残高が不足した場合にも一時的な借入れができて便利ですが、利用し過ぎには注意も必要です。今回は、ファイナンシャル・プランナーの筆者が、当座貸越の上手な利用法や注意点などをお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

普通預金が急に足りなくなったとしても

総合口座の通帳に定期預金などを預けていると、普通預金の残高が不足した場合に、不足する額について、定期預金などを担保として自動融資できる機能があるのをご存知ですか? この機能を、“当座貸越”と呼びます。

当座貸越では、普通預金残高はマイナスになりますが、普通預金に入金をすれば、自動的に返済がされ、残高はプラスに戻ります。

担保となる商品が定期預金の場合、貸越極度額は一般的には「定期預金の合計額の90%」または「200万円」のいずれか少ない金額まで、となります。たとえば、総合口座に100万円の定期預金を持っている場合、一時的に、普通預金残高を90万円までマイナスにすることが可能です。

何かの都合で口座振替の引落し日に普通預金の残高が不足してしまった、といった場合にも、定期預金が多めにあれば、とりあえず当座貸越の機能を使って、引落し不能を回避することができるということ。不足分を入金するまでの一時しのぎができるのです。

 

貸越利率は?

当座貸越はあくまで定期預金を担保とした“融資”なので、利息は払わなければなりません。貸越利率は、定期預金の場合、多くの金融機関で“担保定期預金の約定利率+0.5%”です。

ということで、融資とは言っても、カードローン利用や消費者金融などからの融資に比べれば、「はるかに借り入れの利率が低い」ことは言うまでもありません。

なので、「お金が必要だけれど、一時的なことだから定期預金は解約したくない」といった場合、総合口座に定期預金があり、すぐに返済できる見込みがあるのなら、高金利の“借金”はしないで、とりあえず普通預金の当座貸越を利用するのが得策といえるでしょう。

tagタグ一覧