肌も体もイマイチなら!医師が教える「酵素を味方にする」食生活

肌荒れや小ジワなど、肌に関するお悩みはありませんか? 同時に疲れやすかったりして、慢性的な不調を抱えていないでしょうか。そういったお悩みがある場合、もしかすると食生活に原因があるのかもしれません。
そこで今回は、3月に行われた株式会社メタボリックによる「“酵素”と“酵母”を知るメディアセミナー」を参考に、肌と体の不調を改善する“足し算発想の食生活”についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

肌と体の不調にはどんな関係が?

美容面で悩みをもつ女性を診てきた『M’sクリニック南麻布』の院長である伊藤まゆ医師のもとには、肌荒れやニキビ、目の下のクマ、乾燥による小ジワなど、体の表面に現れる症状を訴える女性がたくさん訪れるそうです。

そしてそんな女性たちの多くが、同時に体の不調についても悩んでいるというのです。

寝ても疲れがとれなかったり、お通じが悪いといった身体的症状から、イライラする、無気力など精神的なものまで症状はさまざま。では、肌と体の不調にはどんな関係があるのでしょうか?

伊藤医師はこのように述べています。

「体の内側に原因がある場合、体に慢性不調が現れ、それが体の表面にでてきます。つまり、体の内側の原因を解消しない限りは、慢性不調も美容への悪影響も断ち切ることができないのです」

体の表面である肌に悪影響を及ぼしているのは、体の内側の原因、つまりは体内に溜まった老廃物や毒素です。

 

体のめぐりをよくする食べ物って?

体の中に悪いものがあると、それが排出されず慢性不調を抱えることになります。

「一時期、体の中にある悪いものを排出する“デトックス”がブームとなりましたが、実はデトックスだけでは不調を改善することはできません。なぜならデトックスで一時的に体内をきれいにしたとしても、同じ生活をしている以上、時間が経てば同じ症状を繰り返すことになるからです。
デトックスで体内を浄化させたら、それを維持する必要があります。
そもそも体の中の汚れが排出されない原因は、代謝によるめぐりが悪いから。そのめぐりをよくするためには、“消化を助ける食べ物”、“体の調子を整える食べ物”を摂取することが重要です。
ダイエットでよく食事制限などと聞きますが、食べることを我慢する引き算発想ではなく、健康的な美容のためには“足し算発想”に切り替えなくてはなりません。代謝が改善されれば痩せやすい体となり、美容やダイエットに繋がっていくのです」

それにはやはり、食べ物が重要だということですね。では、どんな食べ物を食べればいいのでしょうか?

tagタグ一覧