えっ…そんなに!? 中学受験生が「塾のない日に勉強した時間」1位は

中学・高校・大学と、今春子どもが進学したものの、希望した学校に入れず悔しい思いをしたご家庭もあるでしょう。どうすれば子どもたちが集中して効率よく勉強できるのでしょうか? スーパーウェブの中学受験情報ポータルサイト『かしこい塾の使い方』が、子どもが中学受験を目指す親256人を対象に実施した「時間に関するアンケート」の結果を紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

子どもの家での“学習時間”を決定するのは誰?

調査ではまず、「学習時間のルールはどのように決めていますか」と尋ねました。すると、58%は「親子で話し合って決める」と民主的な方法を採用していることが判明。

次いで「親が決める」(25%)、「子どもに任せる」(17%)という結果となりました。子どもに任せる、という場合、親が子どもの自主性を尊重し、信用しているということかもしれません。

逆に親が勉強のスケジュールを決定している場合、「子どもに任せておくといつまでも勉強しない!」という心配のある状況に陥っているのかも……! しかし、入試までの時間は限られているもの。時間配分は親がしっかりと管理したいという気持ちもわかります。

 

1日の学習時間はどれくらい?

次に、「家庭での学習時間を教えてください(塾のない日)」と尋ねると、

1位・・・1時間以上2時間未満(35%)

2位・・・2時間以上3時間未満(29%)

3位・・・3時間以上4時間未満(16%)

という結果に。4位は「4時間以上」(11%)、5位「1時間未満」(9%)という結果でした。

ちなみに塾のある日は、「1時間未満」が54%、「1時間以上2時間未満」が33%と大多数を占めています。

筆者にも10歳の子どもがおり、毎日帰宅してから1時間~1時間半程度の時間を宿題に費やしています。

しかし、学校で何時間も勉強してから帰宅してまた勉強……というのは子どもにとって精神的・肉体的に大変なこと。ストレスが溜まらないように、だらだら長時間勉強させるのではなく、短時間で集中して行うとよいかもしれません。

tagタグ一覧