年間約2万7千円も!電球にテレビ…金額で見る「家電の買い替え」効果

省エネ効果の高い新しい機種の家電製品を使うと、古い機種を使うよりも電気代が節約できるものですが、それがどのくらいの差になるのかまでは知らないことも多いですよね。
今回は、経済産業省 資源エネルギー庁の資料『家庭の省エネ 徹底ガイド 春夏秋冬』を参考に、エアコンや冷蔵庫など、4種類の家電を買い替えたときに、年間の電気代がどのくらい節約できるかについてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

エアコン

同資料によれば、リビングなどでよく使う8~12畳用のエアコンを、2006年製造の省エネ性能低めの機種から、2014年製造の省エネ性能の高い機種に買い替えると、年間電気料金を30,300円から21,000円にまで減らせるとのことです。

その差を比較してみると、年間9,300円に! これが何年も続けば、かなりの違いになりますよね。省エネ効果、そして節約効果が大きいことがわかると思います。

エアコン選びでは、節電効果があることは大事ですが、冷暖房の効果がしっかりとあることも重要ですよね。そのためには、購入の際、部屋の広さに合わせて選ぶこともポイントだそうですよ。

 

電気冷蔵庫

2007年製造で省エネ性能が低めの電気冷蔵庫(401~450リットル)を使っていると、年間の電気料金は17,000円ほど。ですが、これを2014年製造の省エネ性能の高い機種に買い替えると、なんと年間5,400円にまで減らせるそうです。

その差は11,600円にもなります。電気料金が3分の1程度にまで減らせますから、節約効果は大きいですね。

4人家族に標準的な400~500リットルサイズの電気冷蔵庫は省エネタイプの機種の種類が豊富だそうですから、節電を考えるのなら、ぜひ年間消費電力量の小さいものを選びたいですね。

tagタグ一覧