繊維に「水平or垂直」どっち? 疲労回復にオススメな玉ねぎの切り方

最近少々お疲れ気味という方、そんな方にオススメなのが“玉ねぎ”。でも、ただ玉ねぎを食べればよいというわけではありません。ポイントは、“切り方”にあるのです。
今回は管理栄養士であるHARUKAさんに、疲労回復のために食べたい玉ねぎの切り方と調理例についてお伺いしてきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

どんな切り方がよい?

玉ねぎは通年市場に出回り、料理に使いやすく保存もきくことから、常備されている方も多いのではないでしょうか。

そんな料理に大活躍の玉ねぎ、実は切り方によって疲労回復効果が期待できるとのこと。その切り方とはずばり、“繊維に垂直”に切ることです。

HARUKA「玉ねぎは硫化アリルという栄養を含んでいます。
硫化アリルは血液をサラサラにし、ビタミンB1の吸収を促す効果をもつのですが、繊維に垂直に切って硫化アリルを空気に触れさせることでその効果を高めます。
硫化アリルは体内に入るとアリシンという成分に変わり、さらにビタミンB1とくっつくことでアリチアミンという、いわゆるスーパービタミンB1に変わります。通常ビタミンBは水溶性のため体内に長く留まることができないのですが、アリチアミンは脂溶性のため長く留まることが可能です。
ビタミンB1は不足すると疲労感やイライラに繋がるとされていますので、アリチアミンとして体内に留まることでビタミンB1の吸収を促し、疲労回復効果を得ることができるのです」

日々の家事や育児、また仕事などで疲れがとれない方は、玉ねぎを切るときは、繊維に垂直に切って調理してみてくださいね。

では具体的にどんなメニューがオススメなのでしょうか?

tagタグ一覧