みるみるスッキリ!片付けが習慣に「子ども部屋の収納アイデア」3つ

「ママー、あれがなくなったぁ」「もう、ちゃんと片付けしてないからでしょ!」なんて会話は日常茶飯事。おもちゃやら雑貨やらが散乱しがちな子ども部屋が悩みのタネになっていませんか?
今回は、『無印良品でつくる暮らしのベストアイデア』(ゲットナビ編集部)などを参考に、子ども部屋がみるみる片付く魔法の収納アイデア3つをお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:おもちゃはジャンル別にボックスに収納する

子どもがおもちゃを出しっぱなしにすることに、イライラしているお母さんは多いのでは? そこでおすすめしたいのが、“1ジャンル・1ボックス”収納術。

たとえば、“鉄道”、“人形”、“カードゲーム”など雑多なおもちゃを分類して、ジャンルごとに1つの箱に収納するのです。さらに、こちらの方のように、おもちゃの写真を撮って箱に貼っておけば、子どもの目から見ても、どこに何を片付ければいいのかが一目瞭然!

お部屋がスッキリ見えて、さらに子どもに片付け習慣を身に付けさせるにもぴったりの収納術と言えるでしょう。

 

2:細々したものは透明、半透明のケースに入れる

子どものおもちゃや雑貨のなかには、細々したものも多いでしょう。「あれ、どこいったっけ?」を防止するためには、透明・半透明のケースを活用するのが便利。

透明・半透明のケースならば、中身が見えるのでおもちゃの迷子を防げます。また、この場合も“1ジャンル・1ケース”に分類し、ケースにラベルを貼るなどすれば、子どもが片付けしやすいでしょう。

tagタグ一覧