離婚したい妻は約2割!「でも離婚しない理由」1位が超現実的

3組に1組の夫婦が離婚すると言われる現代。実際に離婚した夫婦だけではなく「いつか離婚したい」と思う潜在的離婚予備軍も多いはず。では妻たちが「離婚したい」と思いながらできない理由は何でしょうか?
そこで今回は、『WooRis』が既婚女性475人を対象に実施した独自調査の結果と、経験者が離婚前に実行したこと2つをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「夫と離婚したい」と密かに思う妻が2割も!

調査ではまず、既婚女性475人に「あなたは、“夫と離婚したい”と思っていますか?」と尋ねたところ、「いいえ」と答えた人が圧倒的に多く82.7%。そして、「はい」と答えた人は17.3%という結果になりました。

2割の主婦が「夫と離婚したい」と思っていることは、決して少なくない数字と言えるのではないでしょうか。

では、離婚願望があるのに離婚できないでいる妻たちの理由とはいったい何でしょうか?

「離婚したくても思いとどまっている理由は何ですか?(複数回答可)」と尋ねると、

同率5位・・・子どもを夫から離したくないから(11.0%)

同率5位・・・仕事が見つからないから(11.0%)

4位・・・世間体が悪いから(12.2%)

3位・・・手続きが面倒だから(17.1%)

2位・・・子どもが小さいから(32.9%)

1位・・・経済的に自立するのが無理だから(48.8%)

という結果になりました。

2位「子どもが小さいから」は、子どもの気持ちの問題だけではなく、離婚後に子どもが母親か父親のどちらかと暮らすことを想定した場合に、働きながら小さな子どもの十分なケアが難しいことを懸念して、というケースも考えられます。

1位は圧倒的に「経済的に独立するのが無理だから」。結婚・出産を機に専業主婦になっていたり、パートの収入だけしかないという場合は、確かに離婚してすぐに経済的に自立するのは困難かもしれません。

子どもがいる場合は、自分1人の場合より出費が多くなるだけでなく、仕事中に預けられる保育園やチャイルドケアを探す必要も出てきます。さらに子どもの世話をしたり、勉強をみたり……といった時間も捻出しなければなりません。

子どもがいる場合は特に、離婚する前にしっかりとした将来の計画を立てることが重要になりそうですね。

tagタグ一覧