毎日考えなくてOK!「1週間分の献立」をまとめて決める利点5つ

毎晩夕食を作る一家の主婦なら、必ずといっていいほど悩んだことのある問題が「今夜のメニュー、何にしようかしら……」ということ。では世の主婦(または主夫)たちはどのようにメニューを決定しているのでしょうか?
今回は、マイボイスコムが全国の男女11,245人を対象に実施した「食事のメニューの決め方」に関する調査結果をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夕食のメニューは“材料を見て決める派”が多数

調査ではまず、「夕食のメニューを決めるタイミング」を尋ねました。すると1位は「前もって家にある材料からだいたい決める」(32.4%)。

次いで「買い物に行って、商品を見ながらメニューを決める」(24.4%)、「買い物に行く前に、メニューを決める」(19.4%)、「作る直前に決める」(12.5%)、そして「1週間分など、ある程度の期間のメニューをまとめて決める」(6.3%)という結果に。

やはり、夕食を作る前に冷蔵庫や食品庫を見て「これとこれがあるから、今日は〇〇と××にしよう」と献立を決める人が多いようです。

次に、「夕食のメニューを決めるときの重視点」を尋ねると、

5位・・・手間がかからない(29.9%)
4位・・・費用がかからない(33.2%)
3位・・・家にある食材をムダにしない(43.0%)
2位・・・栄養のバランスがとれている(47.4%)
1位・・・自分や家族の好みに合う(61.7%)

という結果に。

2位は「栄養のバランスが取れている」。好きなおかずを揃えても、栄養が偏っていたら健康に良くありません。しかし栄養バランスを考えながら作るのも、なかなか頭の痛い作業ですよね。

1位は「自分や家族の好みに合う」。メインディッシュは特に、家族皆が好きな料理を作りたいと思いますよね。

tagタグ一覧