期限が切れて放置は危険!ゴキブリ「毒エサ」の取り扱いNG4つ

暖かくなってくると、恐ろしいのがゴキブリの活発化。殺虫剤を使わずにゴキブリを駆除できる毒エサは便利なものですが、どうやら使用に関して勘違いをしている方が多いようです。そこで今回は、ゴキブリ対策を行うアースウェル経営者の大久保柾幸さんの著書『ゴキブリ退治に殺虫剤は使うな!』を参考に、毒エサに関するNG行為を4つお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

NG1:毒エサを置きっぱなしにしている

毒エサには期限があり、期限の切れたものは硬くなったりカビが生えるなどしてゴキブリも食べなくなってしまいます。食べない毒エサを放置していると、同じ種類の毒エサを新たに置いたところで食べない確率が高くなり、予防効果が得られにくくなってしまいます。

それどころか、市販の毒エサはケースに入っており、そのケースはゴキブリの好む構造となっているため、毒エサに効果がなくなったあとはゴキブリの都合のいい隠れ家と化してしまうのです!

これはお家のような形状になっているトラップ型駆除用品も同じことで、期限の切れたゴキブリ駆除用品はゴキブリの住み家として重宝されている恐れがあります。

 

NG2:毒エサの置いている場所にゴミが落ちている

毒エサはゴキブリに食べさせることができれば、駆除に効果的です。でもそれはあくまで“食べさせることができれば”の話。

つまり、ほかにゴキブリのエサになりえるようなものが落ちているような場所に毒エサを設置してしまうと、ゴキブリが毒エサを食べる確率は下がってしまいます。

ゴキブリは雑食で、食べかすのようなもの以外にも人間の髪の毛やフケ、垢なども食べることを考えると、掃除の行き届いていない場所で毒エサの効果は得られにくいといえるでしょう。

tagタグ一覧