うっかり言いがち!保育園・幼稚園の先生に嫌われる親の発言5つ

この春、お子さんが幼稚園・保育園デビューしたというお母さんに質問。園の先生とは、きちんとコミュニケーションをとれていますか? 実は、保護者の“ある種の発言”は、先生方から嫌われちゃうこともあるようなのです! 今回は、幼児教育ジャーナリスト・津久井幹久氏の著書『幼稚園・保育園 親が知らない本当のところ』を参考にNG発言5つをお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「先生には子どもがいないから」

著者の津久井氏が全国の幼稚園・保育園でリサーチを行ったところ、どこの地域の先生でも“保護者から言われて一番ショックだった一言”としてまず挙げるのがこの言葉「先生には子どもがいないから」なのだそう。

<だいたいが先生側が主張する正論に対し、保護者が何とか自分の意見を押しとおそうとする流れの中で登場します。「そんなキレイごとだけじゃ子育てはできない。それがわからないのは、先生が子育てをしたことがないからだ」というわけです。>

園の先生のなかには、子どもがいないどころかまだ独身という人も少なくないでしょう。そうした若い先生と意見が食い違うと、「親の苦労もわからないくせに」なんて思いが頭をよぎるかもしれません。

しかし、先生たちは幼児教育や保育のプロ。専門的な教育を受け、日々現場で多くの子どもと接している先生たちに対し、「子どもがいないから」はお門違いのイチャモンにすぎません。

先生に対する不満があっても、これだけは絶対に言わないようにしましょう。

 

2:「先生、今年で何年目ですか?」

はじめに挙げた「先生には子どもがいないから」に次ぐNGフレーズだそうです。新人の若い先生には「あなたは頼りなくて不安」というイヤミに聞こえてしまいます。

<もし自分の保育に自信を持っている先生に言ったら、「何でそんなイヤミを言われなきゃなんないの?」と腹を立てられ、保護者のほうがキラわれるばかりです。

反対に、自信をあまり持てないでいる先生に言ったら、余計に萎縮させてしまいます。次に何か失敗をしたら、「ほら、やっぱり」「だから経験が少ないと……」という言い方で責められるのが目に見えているからです。>

子どもを預けていて不安がある場合、先生の能力を疑うような発言は控えましょう。

「先生、うちの子ちょっと●●なところがあるのですが、園での様子はどうですか?」など、あくまで“子どもについて相談する”体で不安を打ち明けてみては? そのほうがきちんと対応してもらえるでしょう。

 

3:「他の先生は●●なのに」

ときどき「去年の先生は」「隣のクラスの先生は」「以前通っていた園の先生は」など、何かにつけて他の先生と比較する発言で不満をぶつけてくる保護者がいるそうです。

<これは逆の立場で考えてみるのが、一番わかりやすいと思います。もし担任の先生から、

「去年、受け持ったクラスの子は、もっと優秀だった」

「ここに来る前の園では、保護者がみんないい人ばかりだった」

と言われたら、あなただったらどう思いますか。>

先生から悪印象をもたれて、かえって事態が悪化することにしか、なりかねませんよね。

「もっと●●してくれたらいいのに」という要望があるなら、「先生、●●していただけるとありがたいのですが」とお願いしてみましょう。

それでも問題が解決しないなら、主任や園長先生に相談してみるのもアリです。他の先生と比較する発言は、百害あって一利なしだと心得ましょう。

tagタグ一覧