大ヒット『やせおか』著者に学ぶ!減らすべきは「カロリーより糖質」

痩せたいな……と思ったら、皆さんは「カロリー摂取を控えなきゃ!」と思うことでしょう。でも食べるのを我慢するって、辛いですよね? そこで今回は、大ヒット書籍『やせるおかず作りおき』シリーズの著者で、料理研究家の柳澤英子先生にお話しを伺ってきました。本の中でも紹介されている「糖質」というキーワードに、お話しをしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

色々我慢し過ぎるとダイエットが続かない

――ダイエットといえば、カロリーを減らすというイメージがあるんですけど……先生は「お腹いっぱい食べて大丈夫」なダイエットを実践されたのですよね。カロリーを減らさなくても、ダイエットを成功させるにはどうしたら良いのでしょうか?

「日本はカロリー教育ですから、ダイエットと考えたらカロリーを減らさなくては……と考えてしまうのもわかります。でも、カロリー摂取を控えるためにお米も肉も魚も、乳製品もなにもかも我慢するのは辛すぎますよね。

無理な我慢は続かないので、わたしはお腹いっぱい食べて痩せることが大事だとお話しています。気にすべきはカロリーという大枠ではなく、一番太る原因を作ってしまう糖質を意識して減らしていくこと。これが大事です」

数日食べるのを我慢して痩せたところで、またいつもの通り食べてはリバウンド……筆者もここ数年、この負のループに悩んでいました。我慢しないダイエットとは、夢のようです。

低カロリーではなく低糖質な食事を「しっかり食べる」ことが大事!

――糖質を減らす食事作りが必要だということがわかりましたが、具体的に「糖質を減らす」ための食事とはどういった食事なのでしょうか?

「ダイエットをするとなるとカロリーばかり気にしがちですが、カロリーのことは一度忘れましょう。そして、太る原因となる“血糖値の急激な上昇”と“血糖値の頻繁な上昇”を避けることに専念しましょう。 

まず、野菜をたっぷり食べること。生の野菜は酵素を含み、代謝を促します。加熱した野菜でも食物繊維をタップリとることができますし、噛むことで唾液を出すこともできます。唾液も酵素ですから、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

そして、肉や魚をしっかり食べること。わたしたちの体に必要な上質なたんぱく質を食べるのが大事です。たくさん食べても大丈夫ですし、チーズや生クリームだってOKですよ。

そして、炭水化物を控えめにすること。糖質の高い白米やパン、パスタといった麺類を少なめに、食事の最後に食べるようにすると痩せやすい体にシフトしていくことができます」

ダイエットしたいのに、チーズや生クリームはOKというのが驚きです。野菜から食べること、そして肉や魚といったたんぱく質をしっかり摂ること……最後にお米といった炭水化物を取るという食事に変えるだけで、先生は実際に26キロもの減量に成功しているのです。

tagタグ一覧