痩せるだけじゃない野菜を先に食べるメリット!紫外線の老化予防ケア4つ

紫外線が気になる季節になってきましたが、対策は万全でしょうか? 対策をしている人としていない人では、数年後の見た目に大きな違いが出てくるそうですよ。今回は4月に行われた、ジョンソン・エンド・ジョンソン主催の『紫外線が与える影響とその対策セミナー』で日比野佐和子医師が話された内容を参考に、今回は“紫外線による老化の予防法”をお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

皮膚の老化の要因

「皮膚のシミやたるみは、紫外線からも影響を受ける」ということは耳にしたことがあるのではないでしょうか? 驚くべきはその割合。日比野先生によると、なんと、皮膚の老化の80%は紫外線によるものなのだそうです。

加齢とともに老化は避けられませんが、紫外線が皮膚の老化に与える影響を考えると、“紫外線対策”をすることは老化を遅らせるための有効な方法だといえるでしょう。

「私はいつも日焼け止めを塗っているから大丈夫!」……いえいえ、それだけではとても十分とは言えません! 外側からのアプローチはもちろん大切ですが、内面からのアプローチもまた重要なのです。

それでは、セミナーでの日比野先生のお話をもとに、紫外線対策について、外側と内側の両面から見ていきましょう。

 

外側からの紫外線対策

日比野「紫外線は皮膚の繊維であるコラーゲンやエラスチンなどを破壊し、弾力性を低下させ、シワやたるみの原因を作り、老化を早めます」

紫外線が肌に影響を及ぼすというのは、女性であれば誰もが知っていることでしょう。日焼け止めや日傘などで紫外線対策をされている方も多いかとは思いますが、紫外線は目からも入ってきて、やはり肌へ悪影響を及ぼすというのです。

日比野「夏にサングラスを使用される方もいらっしゃいますが、UVカット目的で眼鏡やサングラスをかけることは紫外線対策として有効な手段です。ただ、紫外線は反射を起こして目の中にも入ってきますので、確実に紫外線を防止したい場合はUVカットのコンタクトレンズの使用が望ましいでしょう」

tagタグ一覧