2位夫婦の事情! そこまで仲良くない相手に話して失敗した会話TOP3

仲良くなれそうな人と新たに出会うと、つい嬉しくなっていろいろ話してしまうこともあるでしょう。でも、内容にはご注意を! 話題によっては「話さなきゃよかった……」とあとで後悔してしまうことも。
今回は『WooRis』が実施したアンケートの結果ランキングと、筆者周辺の知人たちの経験談も参考に“仲良くなる前に話すのは避けたほうがよい話題”についてお伝えしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

3位:密かに抱えている悩み

今回『WooRis』では、500名の女性に「まだそこまで親しくない相手に話して“失敗したな”と思った会話は何ですか?」と質問しました。

その結果3位になった回答は、「密かに抱えている悩み」(44票)でした。

「人間関係で密かに悩んでいたことがあったので、まだそこまでは親しくないけど、気の合いそうな相手だったので、何気なく話してしまったことが……。解決した今となっては、込み入った話をすべきではなかったと後悔している」(42歳/IT)

”密かに抱える悩み”といっても、シリアスなものから軽いものまでありますが、いずれにしても、”話したときは気分がすっきりしたけど、よく考えたら話すべきではなかったのでは?”と後悔している人も少なくないようです。

聞かされた相手も、「話してくれて嬉しい」と思う人もいれば、逆に「この人、面倒だな」と思う人もいたりして、本来は仲良くなれたはずが距離を置かれてしまうということも考えられます。

悩みを打ち明けるときは、様子をみて親しくなってからにしましょう。

 

2位:夫婦の事情

そして2位は、「夫婦の事情」(48票)でした。

「息子の新しいクラスの保護者会で会ったCさんと意気投合。“夫婦関係の悩みがあり、サバサバした彼女の意見を聞いてみたい”と思い、打ち明けてみたら……。

ママ友数人で集まったときに、みんなの前でいきなりその話をふり、みんなの意見まで聞き始めたCさん。複数いる場で、私の許可なく話をされて唖然。そこまで仲良くない人も大勢いるなかで触れてほしくはなかった。話したことを後悔している」(32歳/主婦)

聞き上手な相手だと、つい込み入った夫婦事情を話したくなることもあるでしょう。でも、油断は禁物! “他人のプライベート話が大好物”という人も世の中には少なくないのです。

もし話すなら、“誰かに知られても問題ない”軽い内容で止めておきましょう。

tagタグ一覧