意外or当然? 3位頭をなでる「母親と息子のスキンシップ」1位は…

母親なら、将来的に息子が異性から好意を寄せられるような男性になって欲しいもの。でも、子育てをする中で息子の自立心を養うことが必要だと思いながら、どうしても世話を焼きすぎてしまうというお母さんもいるでしょう。では、イマドキの母親と年頃の息子の関係はどんなものなのでしょうか?
マンダムが高校・大学生の息子を持つ40代~50代の首都圏の母親437人を対象に行った「母親と息子の関係性 調査レポート」の結果をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

母親が“息子と出かける頻度”最多は2~3か月に1回

調査で「息子さんと2人だけでどのくらいの頻度で外出をしていますか?」と尋ねたところ、最多は「2~3か月に1回」で22.4%。高校・大学生という年頃ならごく普通の頻度ではないでしょうか。

次いで「1年に1回以下」(18.5%)、「6か月に1回」(15.2%)と少なくなりますが、「1か月に1回」(12.8%)、「2~3週間に1回」(11.4%)と回答した母親たちも1割以上存在します。

なかには「1週間に1回」(6.2%)、「2日~3日に1回」(2.7%)というかなりの仲良し家庭も!

“外出先”がどこなのかも気になるところですね。「毎週息子とデパートでお買い物」なんていう場合は、“息子が恋人代わり”などと母親が思っている可能性も……!?

では、母親と息子のスキンシップについてはどうでしょうか?

「息子さんと普段どのようなスキンシップを行いますか?」と尋ねると、以下の結果に。

同率5位・・・ほっぺをさする、触れる(8.9%)

同率5位・・・ハグ(8.9%)

4位・・・ハイタッチ(15.6%)

3位・・・頭をなでる(18.1%)

2位・・・肩や背中に触れる、たたく(38.9%)

1位・・・あまりスキンシップをしない(50.1%)

2位は「肩や背中に触れる、たたく」。「いってらっしゃい」「よく頑張ったわね」、または「もう、何やってるの」などというときにポン、と肩や背中に触れたり、軽くたたく程度でしょうか。

1位は「あまりスキンシップをしない」。高校生・大学生という多感な年頃になると、子どもから「やめてくれよ!」なんて言われてしまうこともありそうですね。

tagタグ一覧