「夫の不倫」で相手女性にいくら請求できる?法律事務所の答えは…

妻ならば、夫の会社での人間関係が気になることもあるでしょう。さらに「会社の可愛い女性から色目を使われているんじゃ……」なんて心配になることも。
考えはじめると、いろいろなことが気になってきますよね。
そこで今回は、婚活/恋愛情報サイト『愛カツ(あいかつ)』のコンサルティングを務める株式会社BLUEBIRDが実施した調査結果と、不倫相手に請求できる慰謝料についてご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

未婚女性の不倫の結末1位は“奥さんに訴えられた”

調査では、不倫経験者の未婚女性852人に「不倫の結末はどうなりましたか?」と尋ねました。すると、

5位・・・不倫相手と結婚できた(59人)

4位・・・不倫相手を捨てた(143人)

3位・・・不倫継続中(155人)

2位・・・不倫相手から捨てられた(178人)

1位・・・不倫相手の奥さんから訴えられた(282人)

という結果に……!

5位はなんと「不倫相手と結婚できた」というショッキングな結末、4位は未婚女性の方から別れを告げたケース、3位は気になる「不倫継続中」でまだ結末を迎えていない場合ですね。

そして2位は「不倫相手から捨てられた」。男性が本気ではなく単純に“浮気”として付き合っていた場合、妻にばれたり、相手が本気になりすぎたりしたときに、男性のほうから別れを告げる状況が多そうです。

そして断トツは、「不倫相手の奥さんから訴えられた」。意外にもかなり多くの妻たちが、夫の不倫相手に慰謝料などを求めて訴えていることが判明しました。

tagタグ一覧