実はあるある!職場飲み会での「上司の迷惑言動」2位説教、1位は…

働いていると、主婦であっても会社の飲み会に参加しなくてはならないときがありますよね。しかし上司と飲む場合は、ときに問題が発生することも……。世の人々は、上司や先輩との飲み会でどんな迷惑を被っているのでしょうか?
オエノングループ 福徳長酒類が20~50代の働く男女を対象に実施した「“会社の先輩・上司との飲みニケーション”に関する実態調査」の結果と、“上司からのある迷惑行為の解決策”をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

飲み会で迷惑な“上司の失敗”ランキング!

調査では「会社の先輩や上司が後輩や部下と飲む際にやってしまいがちな失敗における“迷惑度”を4段階評価(4:極めて迷惑、3:なかなか迷惑、2:少し迷惑、1:迷惑には感じない)でそれぞれお答えください」とアンケートをとりました。

すると迷惑度指数が高いのは、以下の結果に。

7位・・・「下ネタを延々と聞かされた」(迷惑度指数2.88)

6位・・・ 「(先輩や上司が)泥酔して寝てしまった」(迷惑度指数2.91)

5位・・・「ボディタッチなどのセクハラをされた」(迷惑度指数3.16)

4位・・・「関節技を掛けられるなどのパワハラをされた」(迷惑度指数3.22)

3位・・・「イッキ飲みなど、適量以上の飲みを強要された」(迷惑度指数3.23)

2位・・・「延々と説教された」(迷惑度指数3.24)

1位・・・「(先輩や上司が)泥酔して絡まれた」(迷惑度指数3.27)

7位の「下ネタを延々と聞かされた」、そして5位の「ボディタッチなどのセクハラをされた」は、不快に感じる女性も多いポイントですね。

tagタグ一覧