人には聞けない夜の悩み!女医が教える「性交痛」の原因とは

「最近、夜に夫とするときに痛みを感じる」という人はいませんか? 痛みがあると「もしかして、病気かも!?」と心配になるものの、夜の夫婦生活については夫や友人にはもちろん、医師にもなかなか相談しづらいものですよね。
そこで今回は、東京にある産婦人科・三鷹レディースクリニック院長の天神尚子先生に、性交痛で考えられる原因を教えていただきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

原因1:低エストロゲン

天神先生によれば、痛く感じる理由として最も多いのが、この“低エストロゲン”だそうです。

「エストロゲンは女性ホルモンの1つですが、このホルモンの分泌が減ることによって膣が萎縮するほか、膣粘膜が薄くなる菲薄化(ひはくか)を起こすため、性交時に痛みを感じやすくなります」(天神先生。以下「」内、同)

また、低エストロゲン状態になると膣分泌物も減少するため、膣内が乾燥して痛みが生じることもあるそうです。

「低エストロゲン状態は、加齢による更年期の前後や閉経後、ホルモンバランスが変化する産後の産褥期(さんじょくき)や授乳中のママなどに起こります。また、卵巣機能不全による無月経の人にも起こります」

この場合の対処法としては、性交時に専用の潤滑ゼリーなどを使うほか、女性ホルモン剤を医師に処方してもらって内服したり、膣内に膣錠を挿入する方法もあるそうです。

ただし、「産褥期や授乳中のママについては、ホルモン剤を使用することができません。潤滑ゼリーなどを使用する以外は、生理が再開するのを待つしかありません」

生理が始まれば、エストロゲンの状態も元に戻って性交時の痛みもなくなるそうなので、しばらく様子を見るのがいいかもしれません。

 

原因2:精神的な理由

いちばん難しい問題が、“精神的な理由”による痛みだそう。乗り気じゃなかったり、「したくない」と思っていると、膣分泌物がなかなか分泌されないため、膣内が乾燥して痛みを感じやすくなるそうです。

また、「一度性交時に痛みを感じてしまうと、それがトラウマとなり、その後も行為のときに緊張して筋肉がこわばったり、膣分泌物が減少してしまうこともあります」

このように、精神的な理由が原因の場合は、まずリラックスすることが大切とのこと。雰囲気作りをしたり、事前にお酒を少し飲むなど、心身のリラックスを心がけるといいようです。

また、この問題については夫の理解も必要になるので、思い切って自分の気持ちを正直に話してみるのも効果的とのこと。

「どうしても気持ち的にリラックスできない場合は、病院で安定剤を処方してもらうことも可能です。1人で悩まずに、産婦人科の医師に相談してみるといいでしょう」

tagタグ一覧