「夫の仕事が不満」という妻…離婚理由になる?弁護士事務所の回答は

「夫の仕事がもっと○○だったら……」と思う妻は多いでしょう。では夫の職業に関して、妻たちはどんな不満を抱えているのでしょうか?
今回は、与信管理ASPクラウドサービスを展開するリスクモンスター株式会社が20~49歳の既婚女性600人を対象に実施した「第4回“離婚したくなる亭主の仕事”調査」の結果をご紹介しましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夫の仕事の不満1位は断トツで「給料が安い」!

調査ではまず、「夫の仕事に対する不満があるか」と質問しています。すると、「不満がある」(50.2%)が「不満はない」(同49.8%)を若干上回りました。

次に「夫の仕事に不満がある」と答えた妻たちに不満理由を尋ねると、次のような結果となりました!

5位・・・休みが少ない(18.3%)

4位・・・将来性が感じられない会社(20.6%)

3位・・・福利厚生が不十分(21.3%)

2位・・・残業が多い(33.9%)

1位・・・給料が安い(75.7%)

3位は「福利厚生が不十分」。有給休暇が短かったり、あるいはあっても取れなかったり。子どもがいる夫婦にとっては、育児支援制度があるかどうかなども重要そうです。

2位は「残業が多い」。夫が連日の残業で夜中まで帰ってこない、顔を合わせる時間がない……などという場合、夫にも家族にも心身への負担がかかりそう。

1位は圧倒的に「給料が安い」。“金の切れ目が縁の切れ目”とはよく言ったもの。人間、やはり愛だけでは暮らしていけません。

 

夫の仕事への不満、妻の“離婚したい度”が高いのは…

夫の仕事への不満が募り、一向に改善される気配がないと離婚を考えはじめる妻たちもいるよう。では、夫の仕事に対して不満を持つ妻たちのうち、「離婚したい」と考える割合が多い“不満のタネ”は何でしょうか?

「夫の仕事が原因で離婚したいか」を尋ね、「離婚したい」と答えた妻が多い不満は以下の通りになりました。

同率5位・・・残業が多い(18.4%)

同率5位・・・将来性が感じられない会社(18.4%)

同率2位・・・福利厚生が不十分(20.4%)

同率2位・・・勤務形態が不規則(20.4%)

同率2位・・・ブラック企業(20.4%)

1位・・・給料が安い(75.5%)

同率2位には「ブラック企業」がランクイン。残業が多い上に残業手当が付かなかったり、有休がもらえなかったり……という調子では、妻としては不安になってしまいますよね。

そして1位は、断トツでやはり「給料が安い」でした!

tagタグ一覧