だから三日坊主に!? 大人が陥りがちな「NGな英語学習法」4つ

“英会話”といえば、大人が挫折する習い事の筆頭格。学校に通ったり、教材を買い込んだりしたものの、お金と時間を”ドブ”に捨ててしまったという経験はありませんか? それはもしかすると、あなたの学習法に原因があるのかも……。
今回は、英語教育のエキスパート・水野稚氏の著書『1年で話せた人が絶対やらない英語勉強法』(日本実業出版社)を参考に、NG英語勉強法をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

NG1:ネイティブの講師に習いたがる

「本場の英語を習うにはやっぱりネイティブの先生じゃなきゃ」と思い込んでいませんか?

しかし、ネイティブ講師に英会話を習うことには2つのデメリットがあると言います。

(1)疑問点を質問しにくい

<大手の英会話学校では、たいてい「日本語禁止」を掲げていますし、ネイティブの先生のなかには、日本語を話せない人も少なくありません。

そうだとしたら、これから英語を学んでいくにあたって、わからないことが出てきても英語で質問しなければなりません。>

英語を学んでいくと「ここでなぜこの表現を使うのだろう?」「こういうときにはどう表現すればいい?」など、いろいろと疑問が出てくるはず。

そんなとき、“英語で質問しなければならない”となると質問の仕方がわからないので、結局スルーしてしまう人が多いのでは? これでは、疑問点をその場で解消できず、“わからない”をどんどんためこむことにもなりかねません。

“英語で質問できる”レベルの英語力がない人は、ネイティブ講師は避けたほうがいいでしょう。

(2)指導力があるとは限らない

あなたは外国人に日本語を教えることができますか?

私たちは、母国語の日本語なら、文法やしくみを頭で考えなくても自然と話すことができます。でも、その日本語をいざ外国人に教えようとすると、なかなか難しいですよね。

同様に、英会話講師も“流暢に話せる”からと言って“指導力が高い”とは限らないのです。

では、どんな先生に習えばいいの?

<初心者の方であればとくに、先生は日本語の通じる人を選ぶことをおすすめします。

(中略)そもそも「学び」とは、一方的に先生や講師の話を聞いたり、課題をこなしたりするのではなく、質問などの双方向のやりとりを通じて、より理解が深まるものです。ですから、国内で日本人に英語を教える先生は、日本語ができて、生徒の質問に答えられるだけの知識を持っているのが理想です。>

もともと英語をある程度話せる人がさらに磨きをかけたいならともかく、英語に苦手意識のある人なら、ネイティブ講師に飛びつくのは得策ではありません。ネイティブかどうかよりも、“指導力”で講師を選ぶようにしましょう。

 

NG2:英語を大量に聞き流す

英会話の教材で、“これを聞き流すだけで話せる!”という類のものを見かけたことはありませんか? ただ聞き流すだけでいいなら、通勤の合間にも勉強できるし、すごく魅力的に思えますよね。

しかし、水野氏はこの“聞き流すだけ”勉強法を一刀両断しています。

<よく理解していない英語を100回聞いたところで、意味がわかるようにはなりません。英語の意味がわかって聞いていても、ただの英語のフレーズや文の丸暗記なら、応用が効きません。つまり、覚えた英語をもとにして、自分の意見や気持ちを組み立てられないのです。>

洋楽が好きで、歌詞を見ながら何度も聴いている人は、自分のお気に入りの曲は英語で歌えるかもしれませんが、英会話がペラペラというわけではありませんよね。

小さい子どもなら“習うより慣れろ”的な部分もあるでしょうが、大人の場合は、文法や意味を理解しながらのほうが、英語を身につけやすいそうです。

ただ聞き流すだけのズボラ学習法はかえって効率が悪いと心得ましょう。

tagタグ一覧