よく言われる「初任給で親孝行」は有言実行されているか?調べてみた結果…

40代以上の女性の中には、長かった子どもの教育が終わり、昨年あるいは今年の春「やっと子どもが就職した!」と喜んでいる方もいると思います。では一方で社会人1年、2年生になった子どもたちは、稼いだお金をどう使い、今の仕事をどう思っているのでしょうか? 今回はソニー生命保険が実施した「社会人1年目と2年目の意識調査2017」の結果をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

親は気になる!新社会人の“給料の使いみち”

まず社会人1、2年生に「初任給はどのように使いたいか(使ったか)?」と尋ねると、社会人1年生は

1位・・・貯蓄に回す(56.2%)
2位・・・生活費(食費など)に充てる(39.2%)
3位・・・親への贈り物を買う(33.2%)
4位・・・自分にちょっと良い物を買う(30.4%)
5位・・・親をご馳走につれていく(29.4%)

という結果でした。「意外に堅実に使ってるんだな」と安心する親も多いでしょう。

複数回答ではありますが、「親孝行に使いたい」と思う社会人1年生がかなり多いことが分かります。

次に社会人2年生に「実際にはどう使ったのか」を尋ねると、

1位・・・貯蓄に回す(37.6%)
2位・・・生活費(食費など)に充てる(35.6%)
3位・・・親への贈り物を買う(26.4%)
4位・・・友人と飲み会・食事会を楽しむ(26.2%)
5位・・・自分にちょっと良い物を買う(26.0%)

実際に初任給を手にしたら「親孝行したい」という気持ちがちょっとしぼみ、自分が楽しむためにお金を使う割合がアップしています。

親としては残念な気もしますが、お金を目の前にしてしまうと気持ちが動くのは仕方がないかも!?

 

既に“仕事を辞めたい”と思う社会人1・2年生の割合は?

親としては「うちの子、就職した会社でちゃんとやっていけるかしら」と心配してしまうもの。では新社会人たちは今の会社をどう思っているのでしょうか?

「最初に就職する(した)会社で、どのくらいの間、働いていたいと思うか」と尋ねると、社会人1年生は「定年まで働きたい」が33.0%で断トツトップ。2位は「2~3年くらい」(16.6%)、3位「4~5年くらい」(15.2%)という結果に。ちなみに「既に辞めたい」は8.4%でした。

同じ質問を社会人2年生にすると、1位はなんと「既にやめたい」で24.8%! 2位は「2~3年くらい」(17.6%)、3位「定年まで働きたい」(17.4%)で、就職後1年経ちすでにモチベーションが“ダダ下がり”なことが分かります。

親としては「ちょっと……せっかく大学出したのに、そんなにすぐ辞めたいなんて!」と思うでしょう。

社会人2年目になると、ストレスや疲労などの現実に直面して、仕事に対する幻想が打ち砕かれてしまったのかも。

折しも今は“5月病”になる人も多い季節。昨年就職した子どもがいるという親は、「最近、仕事どう?」などとさりげなく様子を聞いてみてもいいかもしれませんね。

tagタグ一覧