それって本当にお得!? FPが伝授「バーゲンのムダ買いを防ぐ」注意点

夏のバーゲンが始まりましたね。定価よりも何%も安く買えるので、おトクな買い物かと思いきや、勢いで買い過ぎてしまい、結果的に家計のムダにつながってしまうことも……。
そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの筆者が、バーゲンでムダ買いしないための注意点についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

その値引きホントにお買い得?

バーゲンで、自分好みのおしゃれなバッグを発見。そこには“定価30,000円”の値札に×が付けてあり、“特別価格9,800円”と書かれた値札が! これを見て、皆さんはどう感じますか?

「3万円もするバッグが1万円以下に値引きされているなんてラッキー! コレを買ったら2万円以上もお得!」と思ってしまう……そんなことはないでしょうか。

2万円もお得になるなら、高価なものをすごく安く買えるなら、という気持ちから、あまり素材や品質などを確認せずに、購入してしまうこともあるはず。

でも、同じバッグにただ“9,800円”の値札しかついていなかったら、はたしてそのバッグを「お得!」と感じたでしょうか。そして、すぐに購入の判断をしていたでしょうか。

 

最初に見た数字に惑わされてしまう心理効果とは?

このように、定価などで高い価格が示されていた物の値段が下がっていたときに、その元々の数字に影響されて判断し、買い物をしてしまう経験は意外とあるのではないかと思います。

そんな判断を下してしまう心理傾向のことを、専門用語で“アンカリング効果”と呼びます。

“アンカリング効果”とは、提示された特定の数値や情報(たとえば価格)が印象に残ってしまい、その印象が基準(アンカー)になって、決定したり判断したりする際に影響を及ぼす心理傾向のことをいいます。

先ほどのバッグの例でいえば、はじめに“30,000円”という価格を提示されてしまうとそれが印象に残り、9,800円のバッグ購入の判断に影響を及ぼしてしまう、ということです。

tagタグ一覧