知らずに逮捕や罰金も!? 夏の海外旅行「ハワイでのNG行為」4つ

もうすぐ夏がやってきますね。今年の夏休みは「ハワイ旅行!」という人もいるのではないでしょうか。
旅行地として日本人にも大人気のハワイですが、日本と同じ感覚で行動して、知らずに法律やルール違反をおかして罰金や逮捕……なんてことになったらいやですよね。
そこで今回はハワイ在住21年の筆者が、滞在中に注意すべきこと4つをご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:タバコを吸う場所

ハワイではレストランやバー、ショッピングセンター、プール、学校、医療施設、会社、バス停、遊戯場など、ありとあらゆる公共施設における喫煙が州法で完全に禁止されています。

2016年にはこの禁煙法に電子タバコも加えられました。一部のホテルには喫煙室がありますが、バルコニーも含め敷地内は完全禁煙の場合もあります。

ショッピングセンターの敷地内でタバコを吸っている日本人もたまに見かけますが、ハワイでは公共の建物から20フィート(約6メートル)以内の場所も禁煙です。警察に発見された場合、罰金刑に処されるので注意しましょう。

また、2014年からはビーチ及びビーチパーク内での喫煙も禁止され、こちらも罰金刑に処されます。

 

2:子どもを放置する

日本ではよくある、子どものお留守番や子どもたちだけのお出かけ。しかしハワイでは、保護者同伴なしで子どもが自宅または屋外にいる場合、親が保護監視を怠ったとして責任が問われる場合もあります。

実際に、ホテルの部屋に子どもを置いて出かけた日本人夫婦が“ネグレクト(育児放棄)”で逮捕されたという話を聞いたことがありますので、子ども連れで旅行する場合は常に行動を共にするようにしましょう。

また、ショッピングセンターやスーパーで迷子になる子どもも多いよう。ショッピングの最中に子どもが1人でふらふら……という状況は、言葉の分からない外国では特に危ないので、常に目と手を離さないようご注意ください。

tagタグ一覧