肌だけでは不十分!? 夏が来る前に知っておきたい「目の紫外線対策」

気温が上がり、夏が近づいてきたことを感じる今日このごろ。あなたの紫外線対策は万全ですか? お肌はバッチリでも、目が無防備……なんてことはないでしょうか。
今回は、参天製薬が20~40代の女性500名を対象に実施した「“目の紫外線対策”をテーマにした意識・実態調査」の結果をご紹介しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

目の紫外線対策をしている女性はたった13%!

まず女性たちに普段の紫外線対策の状況について尋ねると、「時季に合わせてしている」という人が51%、「1年中している」人は37%でした。合計で約9割と、ほとんどの女性が紫外線対策をしていることが分かります。

次に「紫外線対策をしている部位はどこですか?」と尋ねたところ、1位はやはり「顔」で98%。2位は「体」(55%)ですが、3位の「目」となるとガクンと落ちて13%、4位「髪」は11%でした。

肌だけではなく、目や髪が浴びる紫外線も日焼けの原因になることはご存じでしょうか?

「直接肌に紫外線を浴びることだけでなく、目に入る紫外線も日焼けの一因となることを知っていましたか?」と尋ねると、「知っていた」という人が55%、「知らなかった」は45%でした。

同調査をした参天製薬によると、

マウスを用いて行った実験で、目から紫外線が入ると、脳が紫外線ダメージを受けたことを察知して体内にメラニンを発生させ、肌が日焼けするという結果が確認されています。

とのこと!

肌に紫外線対策をしていても、目から紫外線が入っていたら、対策としては十分ではないようです。

tagタグ一覧