「断スマホ」何時間耐えられる?使い過ぎが招く健康への悪影響は…

ここ数年で携帯電話業界を席巻した“スマートフォン”(以下スマホ)。「スマホなしじゃ生きていけない」という人も多いでしょうが、そんなスマホには、もしかしたら健康を脅かすような危険が潜んでいるかも!?
今回はファンケルが20~40代のスマホ使用者の男女500名を対象に実施した「“現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態”の調査」結果をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

自分にとってのスマホの存在…1位は“宝箱”!

調査では「あなたにとって“スマホ”はどんな存在だと思いますか?」と尋ねました。すると、

5位・・・半径30センチ以内にいないと落ち着かない相棒(23%)
4位・・・私を楽しませてくれる動画プレイヤー(26%)
3位・・・自分のすべてのデータが詰まっている自分の分身(30%)
2位・・・ショッピングに欠かせないツール(40%)
1位・・・自分の大好きなこと、趣味が詰まった宝箱(43%)

という結果に!

趣味、ショッピング、動画、または“自分の全てのデータが詰まっている”など、回答者が何をメインにスマホを使っているかの割合が伺える結果になりました。“宝箱”、“分身”、“相棒”など、まさに“日常生活になくてはならない存在”であることも分かりますね。

次に「ふとんにもぐりこんだら、スマホを眺めるのが寝る前の日課ですか?」と尋ねると、なんと「はい」と答えた人が63%も……!

そのままスマホの電源を落とさずに眠り、メッセージが来て目が覚める……なんてこともあるかもしれません。

また「“断スマホ”するのに耐えられそうな時間は?」と尋ねると、断スマホ経験を持つ人は「半日まで」が43%、「丸1日まで」が33%なのに対し、断スマホ未経験の人は「半日まで」が58%、「丸1日まで」は23%という結果に。

これは、立派に“スマホ中毒”と言えるレベルなのかもしれません。数年間で人々の生活にここまで“侵食”したスマホ、少し恐ろしい気もしますね!

tagタグ一覧