自炊がグッと楽に! 単身赴任中の夫に教えたい「料理の時短テク」3つ

夫の転勤が決まっても、子どもが学齢期だとそう簡単に引っ越しをするわけにもいかず、夫が単身赴任をしている家庭もあるでしょう。単身赴任中の夫は、仕事を終えて家に帰ってもひとりきり。自由な反面、寂しさを感じることも多いはず。では、どんなときに寂しくなるのでしょうか?
今回は、フジッコが30歳~59歳の単身赴任経験のあり・なし男性各250名を対象に行った「単身赴任に関する実態調査」の結果をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

夫が単身赴任で寂しい理由1位は「子どもに会えない」

調査ではまず、夫たちに「単身赴任が寂しいと思う理由」を尋ねました。すると、

3位・・・住み慣れた土地を離れるのは辛いから(8.7%)

2位・・・妻に会えないから(22.4%)

1位・・・子どもに会えないから(59.9%)

という結果に。

3位は「住み慣れた土地を離れるのは辛いから」。新しい職場はもちろんのこと、知らない土地では言葉や慣習などに慣れるのも大変。単身赴任なら尚更カルチャーショックが強いのかもしれません。

2位は「妻に会えないから」、そして断トツは「子どもに会えないから」で、なんとの2位の3倍近い数字に!

では具体的にどんなときに寂しいと思うのか、単身赴任経験者のエピソードをご紹介しましょう。

・「子どもが電話で、早く会いたいといったとき」

・「子どもが、父親を知らないおじさん扱いしたこと」

・「出産に立ち会えなかった また、生後9カ月まで月一程度しか会えなかった」

妻に関する具体的な意見はなく、単身赴任中の夫の多くは「妻はまあいいけど、子どもに会いたい!」と思うものなのでしょうか?

 

夫が恋しいと思う“妻の家事”1位は「手料理」!

次に夫たちに「単身赴任中、妻による家事で最も恋しいと思ったこと/恋しくなると思うこと」を尋ねると(その他除く)、

5位・・・洗濯(6.0%)

4位・・・掃除(6.4%)

3位・・・健康管理(7.2%)

2位・・・病気の際の看病(7.6%)

1位・・・手料理(54.8%)

という結果に。

2位は「病気の際の看病」。普段は元気でも、人は病気になるととたんに弱気になるもの。単身赴任先で1人寝込んでいる状況は、つらいものでしょう。

そして1位は圧倒的に妻の「手料理」でした。単身赴任中の夫たちは、自分の好きな妻の手料理を恋しく思いながら生活しているようですね。

tagタグ一覧