そんなことで怒るの!? 夫たちが「生理中の妻」に抱く本音とは…

生理中にイライラして、「いけない」とわかっていても、つい夫に八つ当たりしてしまう人も多いはず。こうした生理の辛さは男性にはなかなか理解しにくいものですが、夫たちはどう感じているのでしょうか?
今回は『WooRis』が実施した独自アンケート調査の結果をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「あなたの妻は生理中に心身の調子が悪くなりますか?」

20代~40代の既婚男性178人に、「あなたの妻は、生理中に心身の調子が悪くなりますか?」と質問してみたところ、結果は以下のようになりました。

・はい・・・45人(25.3%)

・いいえ・・・59人(33.1%)

・妻がいつ生理中なのか知らない・・・74人(41.6%)

生理中の妻の不調を実感しているという男性は、およそ4人に1人。

妻が生理にともなう不調に煩わされていても、それに気づいていない夫がどうやら少なくないようです。

 

「生理中の妻の変化で困ったこと、イヤなことはありますか?」

生理中の妻の変化を実感している男性たちに、“困ったこと、イヤなこと”について尋ねてみたところ、以下のようなコメントが得られました。

「突然機嫌が悪くなる」

「イライラして些細なことで怒られる」

「家事をしない。ひどいときには何もできなくなる」

「辛そうにしているときがあるので、切ない」

筆者も女性なのでよくわかりますが、生理中にはささくれだった気分になり、普段なら何でもないことが気に障りがちですよね。そんな妻を見て、「えっ、なんでそんなことで怒るの?」と面食らってしまう夫は多いようです。

また、生理痛や頭痛がひどいときは安静第一ですが、夫が生理の辛さについて無理解だと、怠けているように誤解されてしまうこともあるかもしれません。

tagタグ一覧