うちのGリスクは?「ゴキブリが出やすくなる」周囲の環境3つ

部屋をキレイに片付けて清潔にしているのに、「どうしてゴキブリが出るんだろう?」と感じたことはありませんか? それはもしかしたら、あなたの家や部屋の問題ではなく“周りの環境”が原因かもしれません。
今回は、さまざまな害虫対策に携わるアース製薬の渡辺優一さんに伺った、ゴキブリリスクの高い“家周りの環境”についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:飲食店が近い

家の中でゴキブリの出没しやすい場所はやはりキッチンです。エサや水があり、暖かい場所ですからゴキブリにとって居心地のいい環境なのでしょう。

そう考えると、飲食店などはゴキブリにとって恰好の場所。つまり住み家となりやすいのです。渡辺さんによると、

「飲食店はゴキブリにとって望ましい場所です。そこでゴキブリが繁殖を繰り返すわけですから、飲食店が近い家はやはりゴキブリに入られやすい家と言えるでしょう」

とのことです。飲食店ももちろんゴキブリ対策はしているかと思いますが、常に食材を扱う環境でゴキブリが全くいない状況を作るのは困難を極めます。

すぐ近くに飲食店があったり、1階が飲食店のマンションは、ゴキブリ対策を念入りにした方がよいかもしれません。

 

2:近隣にゴミ屋敷がある

「ゴミ屋敷はゴキブリの隠れ場所がたくさんありますから、その近くに住んでいるのだとすればやはりゴキブリがでやすい家です」

ゴミ屋敷はニオイも発生させるうえ、ゴキブリの好む隙間がたくさん。掃除ができていなければ雑食であるゴキブリにとってそこはエサの宝庫になるわけですから、繁殖を続けてしまいます。

ニュースで取り上げられるような、いかにも“ゴミ屋敷”ではなくても、家の中がごちゃごちゃしている場合にも当てはまりそうですね。もちろん実際に家の中を見てみなければわからないことですから、特定は難しいですが……。

 

tagタグ一覧