置くより吊して! 専門家が教える「台所スポンジ」NGな使い方5つ

食器や調理器具を清潔に保つための必須アイテム“台所スポンジ”。使い方を誰に教わるわけでもなく、なんとなく自己流で使用しているという人がほとんどだと思いますが、実は正しく使えていない人も多いようなのです!
今回は、家事研究家・高橋ゆきさんから教えてもらった台所スポンジのNGな使い方をお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

NGその1:油汚れから先に洗う

キッチンの流し台に使用済みのカレー鍋、カレー皿、グラスがある場合、あなたはどれから洗いますか?

しんどいことは先に済ませたいから……とカレー鍋から取り掛かるのはNG!

「洗いものをする際は、グラスや塗り物など油汚れ以外から、というのが鉄則です。

特に、カレールーの汚れなどは非常にしつこいので、カレー鍋のあとにグラスを洗うと、スポンジが吸収した汚れがグラスについてしまうおそれがあります」

食器を効率的にキレイに洗いたいなら、汚れの少ないものから取りかかるようにしましょう。

 

NGその2:スポンジの使い分けをしない

「1つ目のNGともかかわることなのですが、食器や調理器具を何でも1つのスポンジで洗うこと自体が効率的ではありません。

台所のスポンジは“油汚れ用”と“それ以外”の2種類を使い分けるようにしましょう」

tagタグ一覧