川島教授が警告! スマホが「子どもの成績を下げる」驚きの理由とは

あなたのお子さんは、LINE等のメッセージアプリやスマホを使用していますか? 
便利な一方、これらのツールの使用が“成績を下げる”というデータが存在することをご存じでしょうか。
今回は、ニンテンドーDS専用ゲームソフト“脳トレ”こと『脳を鍛える大人のDSトレーニング』でおなじみの東北大学加齢医学研究所所長・川島隆太教授の著書『頭のよい子に育てるために3歳から15歳のあいだに今すぐ絶対やるべきこと』(アチーブメント出版)を参考に、スマホやメッセージアプリが子どもの学習に与える影響についてお伝えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

スマホの長時間利用は脳から学習内容を消す!?

川島教授の研究では、スマホの使用時間が長いほど子どもたちの成績が下がるというデータが出ています。厳密に言うと、スマホという形態に限らずインターネットを利用している時間が長ければ長いほど、成績低下に繋がっているというのです。

これは単純にスマホ利用が睡眠時間を削り、それが学力に悪影響を及ぼしている、ということだけではなく、睡眠時間とは関係のない部分にも原因があるのだとか。

実際に、2時間勉強した子どもたちがスマホを1日1時間以上使うことによって、ほとんど勉強していない子どもたちよりも悪い成績になっているという研究結果があり、子どもがスマホを長時間(1日1時間以上)使うと学校で勉強したことが頭の中から消えてしまう、という結論が導き出されたのです。

 

LINE等のメッセージアプリはさらに悪影響を与える

スマホの長時間利用が勉強内容を消すというデータも驚くべきことながら、さらにLINE等のメッセージアプリは“利用時間に関係なく”成績を下げるというデータが出ています。

<平成26年の調査からLINE等の使用時間と学力の関係を調べると、なんとLINE等は「使ったら、使った分だけ成績が下がる」というデータが出たのです。(中略)

統計的に因果関係の強さを調べても、LINE等の使用時間は、直接的に学力を下げる効果が強いことがわかりました。>

そこには勉強しているかどうか、睡眠時間をきちんととっているかどうか、ということは無関係だというので驚きです。

tagタグ一覧