絶対つきあっちゃダメ!ストーカー化する男の特徴10【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

自分の一方的な思い込みで、特定の人物に執拗につきまとうストーカー。ときどき、ストーカー事件が報道されることもありますが、男性が元交際相手や元妻に対して起こすパターンが圧倒的に多いということをご存じでしょうか?

「もし自分が付き合っている男性が、別れたあとにストーカー化したら?」そう考えると、女性としてはかなり恐ろしいですよね。

そこで、犯罪心理学者の越智啓太先生に、別れたあとにストーカー化する男の特徴10個を教えていただきました。【前編】・【後編】の2回にわたって紹介していきます。

まず【前編】では、1:異常に嫉妬深い、2:電話・メール攻撃がすごい、3:見栄っ張りで嘘つき、4:知ったかぶりをする、5:失敗などを周りのせいにする、の5つを見ていきましょう。

 

■1:異常に嫉妬深い

ストーカー男の特徴としては、異常に嫉妬深いという点がまず挙げられるでしょう。少しでも帰宅時間やメールの返信が遅れるなどすると、「いったいどこで何をしてたんだ?」「なんですぐに返信しないんだ!?」とキレまくります。

また、あなたの携帯電話をこっそりチェックしようと試みるなんてことも……。

 

■2:電話・メール攻撃がすごい

上の“異常に嫉妬深い”の項目とも関連しますが、ストーカー男はとにかく連絡がしつこい。

1日に何十通もメールを送りつけたり、あなたが電話に出るまでずっとかけ続けたりなど、コンタクトの頻度が尋常ではありません。

 

■3:見栄っ張りで嘘つき

ストーカー男は見栄っ張りで嘘つき。「自分にはすごい人脈がある」、「画期的なビジネスアイデアがあって今は起業の準備中」などと豪語しますが、その“すごい人脈”というのは会ったこともない人物がほとんどだったり、“起業の準備中”と言いながら、実は定職につかない(つけない)言い訳だったりなんてことがあります。

 

 ■4:知ったかぶりをする

上の“見栄っ張りで嘘つき”の項目とも関連しますが、ストーカー男は知ったかぶりをする傾向があります。

とにかく自分を偉く見せたい欲求が強いので、こちらが尋ねてもいないのに、知識を得々と披露することもしばしばです。

ただ、その知識も、きちんと専門的に勉強したり、実際に経験したりすることで得たものではなく、インターネットなどで見知った程度のものがほとんどなので、少し突っ込んだ質問をすると答えられなくなります。

 

■5:失敗などを周りのせいにする

ストーカー男には、他罰的な傾向があります。つまり、物事がうまくいかないと常に他人や環境のせいにするのです。「俺が出世できないのは上司が無能だからだ」「生まれた時代が悪い」などなど。

「自分は絶対に悪くない」という思い込みが激しいからこそ、女性に振られても自分の非が絶対に認められず、ストーカー化するのでしょう。

 

まずは、別れたあとにストーカー化する男の特徴10個のうち、5つをお届けしましたがいかがでしたか? 次回はさらに5つの特徴を紹介します。

 

【取材協力】

法政大学文学部心理学科 犯罪心理学研究室 越智啓太

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ