「こりゃ不倫だな」と分かる不自然なカップルの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

『WooRis』の過去記事「探偵が激白!不倫カップルにありがちな怪しい挙動6つ」では、探偵の今野裕幸さんのお話をもとに、不倫カップルの挙動についてお伝えしました。今野さんによれば、これ以外にも、不倫カップルを見抜く方法はまだまだあるそうです。

そこで、今回は、不倫カップルにありがちな不自然な特徴6つをお届けしたいと思います。不倫カップル特有の不自然さとは一体どんなものなのでしょうか?

 

■1:年の差がある

芸能界では親子ほどの年の差婚がブームですが、一般人では20歳近い年の差カップルというのはまだまだ稀。男性が40代、女性が20代くらいの組み合わせだと、不倫というケースが多いです。

ただし、年齢のギャップがあったとしても、仕事上の付き合いだったり、あるいは、真面目な男女交際(夫婦or未婚の恋人同士)だったりすることもあるので、一概に「こいつら不倫だ!」と決めつけることはできません。

ですから、「探偵が激白!不倫カップルにありがちな怪しい挙動6つ」で紹介した項目と合わせて、総合的に判断するといいでしょう。

 

■2:金持ち風男性とケバメ女性の組み合わせ

男性はいかにも高級そうなスーツ姿。女性は露出大目、あるいは身体のラインがはっきりわかる服装で派手な印象。さらに、年の差があればかなり鉄板です。

言わずもがな、これは金持ち男性がキャバクラなどの女性と不倫しているパターン。この組み合わせの場合、割り切った関係であるためか、不倫カップルのわりには妙に堂々としていることもあります。

 

■3:年季の入ったカップルが妙に熱々である

アラサーというより、アラフォーかもう少し年代が上のカップルで、やたら手をつないだり腕を組んだりなど、妙に熱々なのも怪しいです。

新婚ならいざ知らず、結婚生活が長きにわたると、夫婦はお互いに良くも悪くも“空気”のような存在になります。“恋人”というより“家族”という感覚になるので、人前でベタベタするのも照れくさくなってくるでしょう。

小学生以上の子どもがいてもおかしくない年代のカップルが、“夫婦にしては仲が良すぎ”なように見える場合は、不倫カップルの可能性アリです。

 

■4:やたら笑顔で会話が盛り上がっている

これも中年以上の不倫カップルのケースですが、やたら笑顔で会話が盛り上がっているのも怪しい兆候。

毎日、家で顔を突き合わせている夫婦が、外でハイテンションというのは、かなり不自然です。特に、その会話内容から生活臭が感じられない場合は、ますます不倫カップルである可能性が高いと見ていいでしょう。

 

■5:平日の昼下がりにラブホテルに入る

これは時間帯がポイントです。お子さんのいる女性が不倫するなら、この時間帯しか身動きがとれません。平日の昼下がりというのは、お母さんにとって不倫のゴールデンタイム。

この時間帯のラブホテル利用者は、割り切った関係を持ったり、援助交際したりするカップルが多いです。

 

■6:土曜日の午前中にホテル街にいる

時間帯だけでなく、ふたりの服装も要チェック。土曜日の午前中に、男性はスーツ姿で、女性はデート仕様という場合、男性は既婚者・女性は未婚者という不倫カップルである確率がかなり高いです。

男性がスーツ姿なのは、休日出勤を偽って外出したため。他方、未婚女性のほうは、普通のデート感覚でいるので、ふたりの服装の釣り合いがとれていないのです。

 

以上、不倫カップルにありがちな不自然な特徴6つをお届けしましたがいかがでしたか? あなたもこれで名探偵。街行くカップルをウォッチして、不倫カップルを見抜いてしまいましょう!

 

【関連記事】

橋下市長は乗りきれる!? 不倫で逆上した奥様の対処法

橋下市長の不倫相手は損害賠償を請求できるか!?

明日は我が身!? 不倫で慰謝料請求されたら…

 

【送料無料】十年不倫の男たち [ 衿野未矢 ]

 

【取材協力】

※ 今野裕幸・・・元神奈川県警の叔父に感銘を受け、探偵の道へ。『総合探偵社スプラッシュ』の代表として、年間1,000人を超す男女の相談を受け、人間関係、家族の有り方を調査、指導中。著書に『彼のケータイ見る?見ない??動かぬ証拠、51の見つけ方』(三才ブックス)がある。BlogTwitterFacebook